スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
二十六夜
旧暦の六月二十四日の晩でした。
北上川の水は黒の寒天よりももっとなめらかにすべり獅子鼻は微かな星のあかりの底にまっくろに突《つ》き出ていました。
獅子鼻の上の松林は、もちろんもちろん、まっ黒でしたがそれでも林の中に入って行きますと、その脚の長い松の木の高い梢《こずえ》が、一本一本空の天の川や、星座にすかし出されて見えていました。
松かさだか鳥だかわからない黒いものがたくさんその梢にとまっているようでした。
そして林の底の萱の葉は夏の夜の雫をもうポトポト落して居りました。
test 21:37 -
test
testtesttest
Check
- 15:41 -